WordPressをインストールしたら入れておきたいおすすめプラグイン5選

おススメプラグイン

WordPressはそれ自体とてもすぐれた機能を持つCMSですが、プラグインを活用することでさらに機能的なWebサイト運営を可能にしてくれます。ただ、WordPressのプラグインサイトを見るとわかるようにあまりにも多くのプラグインが公開されていて自分に必要なプラグインはどれなのか?果たしてそのプラグインでいいのか?よくわかりません。

利用するプラグインは運営するWebサイトの内容によって異なってきますが、サイトの内容にかかわらず、まず最初に入れておいたほうが良いプラグインを紹介します。

プラグインのインストール手順

プラグインのインストール手順

①プラグイン新規追加画面を開く

WordPressの管理画面(ダッシュボード)の左側メニューの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

②プラグインを検索する

キーワード欄にプラグイン名を入力して検索します。

③プラグインをインストールする

インストールしたいプラグイン名の横の「今すぐインストール」をクリックします。インストールが始まるのでしばらく待ちます。

④プラグインを有効化

プラグインのインストールが完了すると「今すぐインストール」のボタンが「有効化」というボタンに変わります。「有効化」をクリックしてプラグインが利用可能になります。

WP Multibyte Patch(日本語の不具合修正)

WP Multibyte Patch

WordPressはもともと英語で開発されています。そのため日本語サイトにおいては不具合が起きる可能性があります。「WP Multibyte Patch」は、日本語独自の不具合、バグを修正するパッチです。このサイトをご覧の方は日本語のWebサイトを運営している方がほとんどと思いますのでこのプラグイン「WP Multibyte Patch」は必ず入れておきましょう。このプラグインは設定事項は何もありませんインストールして有効化するのみです。

WP Multibyte Patchの詳細はこちら

WP Revisions Control(自動保存をコントロール)

WP Revisions Control

WordPressには「リビジョン(Revision)」という機能があります。「Revision」を翻訳すると「改訂、改版、訂正、改正、加筆…」というような意味があります。WordPressで投稿や固定ページを作成している時、「下書きとして保存」したり、公開後に内容を編集、加筆して「更新」するとその時保存した内容が「リビジョン」として保存されます。このリビジョンは投稿や固定ページの内容を過去に保存した内容に戻すことが出来るため便利ではあるのですが、個人運営のWebサイトで過去の記事の内容に戻すことがあるケースは稀と言ってよいでしょう。

リビジョンは保存するたび、更新するたびに作成されるので放っておくと一つの投稿、固定ページに対して数十個のリビジョンが作成されてしまうこともあります。それではデータベースを無駄に使用することになりますので保存されるリビジョンに上限を設定しておくと無駄にリビジョンが作成されることを防ぐことが出来ます。

WP Revisions Control」はこの際限なく作成されるリビジョンの上限を設定することが出来ます。

WP Revisions Controlの詳細はこちら

Resize Image After Upload(画像の自動リサイズ)

Resize Image After Upload

Webサイトを作成する際にはたいていページに画像を貼り付けますね。Webサイト上で使用する画像のサイズは横幅は1000ピクセル程度。大きなモニターでバーンと表示させたとしてもせいぜい2000ピクセルといったところでしょう。ところが最近のデジカメではもっと大きなサイズの写真を撮影します。デジタル一眼レフカメラなら6000ピクセルも普通に撮影できます。

そんな大きなサイズの写真をWebサイトのページに張り付けても無駄に大きいだけです。「Resize Image After Upload」はアップロードした画像を自動的に設定した画像サイズにリサイズしてくれます。

Resize Image After Uploadの詳細はこちら

Google XML Sitemaps(XMLサイトマップ作成)

Google XML Sitemaps

Webサイトのサページ構成、ページの更新情報をGoogleなどの検索エンジンに伝えることはSEOの観点からとても大切です。「Google XML Sitemaps」はWebサイトのXMLサイトマップを作成し、Googleに送信してくれるプラグインです。

Google XML Sitemapsの詳細はこちら

BackWPup – WordPress Backup Plugin(自動でコンテンツをバックアップ)

BackWPup – WordPress Backup Plugin

WordPressでWebサイトを運営する際に大切なのがコンテンツのバックアップを保存しておくことです。かつてのホームページ作成ソフトでホームページを作成し、FTPでアップロードするという方法でしたら作成したWebサイトのコンテンツはすべて自分のパソコンの中にあります。しかし、WordPressで作成したWebサイトのコンテンツはWebサーバー上にあります。万が一サーバーにトラブルがあった場合、どこかにバックアップを保存していないとWebサイトの復旧が困難になるかもしれません。

BackWPup – WordPress Backup Plugin」は設定したスケジュールに基づいて自動でバックアップを作成してくれます。作成したバックアップはDropboxなどの外部ストレージサービスや自分のパソコンにメールで送信したりできます。

このページのトップへ
このページのトップへ
メールでお問い合わせ