レンタルサーバーについて

レンタルサーバー

ホームページを公開するにはサーバーが必要です。サーバーはインターネット上のコンピュータの一種でサーバーにホームページのデータを保存しておく場所となります。無料ブログサービスやホームページ作成サービスではそれらのサービスを提供する会社がサーバーも提供してくれます。

しかし、自分でホームページ作成ソフトで作ったホームページを公開しようとしたり、WordPressなどのCMSを利用してホームページを作成する場合はサーバーを自分で準備する必要があります。その場合は「レンタルサーバー」を活用します。

レンタルサーバーを借りるのはとてもハードルが高そうですが、初心者向けのレンタルサーバーは管理画面もわかりやすくなっています。またそのようなレンタルサーバーのホームページはマニュアルもしっかりしているのではじめての方でも十分使いこなせるでしょう。

何てったって現在星の数ほどあるホームページを作成したほとんどの人は最初は全くの素人で、特に学校に通ったわけでも無く、マニュアル見たりサポートに問い合わせたりして出来るようになったんです。

レンタルサーバーの種類

さて、レンタルサーバーを借りようとインターネットで検索すると実に多くのレンタルサーバー会社がヒットし、どれが自分に合っているのかさっぱりわかりません。まずはそのレンタルサーバーを大まかに分類してみましょう。

共用サーバー

共用サーバーは、1つのサーバーを複数のユーザーが利用します。つまり、共用しているわけです。共用サーバーは一つのサーバーにかかる費用を複数のユーザーで料金を分担しているので、1人あたりの値段が比較的安く利用できます。しかしながら、共用である以上、他の共用ユーザーがサーバーに負荷のかかることをしてしまったり、サーバー設定の自由度が制限されたり、使用できる容量も大きくはありません。

ただ、個人または中小企業が自分でホームページを作成し運営するには十分でしょう。共用サーバーはその容量やスペックで料金も様々です。サーバーは一度契約したらよほどのことがない限り別のサーバーに変更することはありません。余裕を持った容量とスペックのサーバーを選んでおくことをおススメします。

専用サーバー

専用サーバーは、その名の通り1つのサーバーを1人のユーザーで占有します。専用サーバーは設定の自由度が高く、使用できる容量も大きいです。共用サーバーと違って他のユーザーの影響を受けることはありませんので安定したサーバー運営ができます。しかし当然のことながら、料金は比較的高くなります。また、サーバー設定などの専門的は知識が必要です。個人や中小企業のホームページで使うケースは稀と言えます。

VPS(仮想専用サーバー)

VPSとはバーチャルプライベートサーバー(virtual private server)のことで、共有サーバー・専用サーバーのいいところを持ちあわせており、比較的低価格で高性能なサーバーを利用することが出来ます。

ただ、VPSは一つのサーバーを複数のユーザーで使用するという点では共用サーバーと同じで他のユーザーの影響を受けることもあります。また、サーバー設定はユーザー自身で行う必要があるため専用サーバーを利用するのと同等の専門的な知識が必要です。

クラウドサーバー

クラウドサーバーはインターネット上の仮想的なレンタルサーバーで専用サーバーなどと比べて導入までの期間が短期間で、利用中のネットワーク構成の変更やリソースの追加を柔軟に行うことができるのが特徴です。キャンペーンサイトや広告と絡めた期間限定のサイトの構築に向いています。

以上非常にざっくりとした説明ですが、「自分でホームページを作成するための情報」を得ようとこのサイトを訪れている方はまだ初心者の段階の方が多いと思います。レンタルサーバーを選ぶならまずは共用サーバーから始めると安心です。

レンタルサーバー

共用レンタルサーバーを選ぶときに注意するポイント

共用のレンタルサーバーもいくつかのレンタルサーバー会社のホームページをご覧いただくとわかる通り料金がかなり違います。月々数百円~数千円まで実に様々です。

共用サーバーの料金は基本的には一つのサーバーを何人で使用するかによって決まってきます。例えば1台あたり毎月50,000円の費用が掛かるサーバーとすると、10人で利用すれば月々5,000円となりますが、100人で利用すれば月々500円と格安です。

ただ当然ながらサーバーの中は常に混雑しており動作が不安定になったり、アクセスできなくなる可能性は増えます。アクセスできないまでいかなくても表示に時間がかかったりWordPressなどのCMSの動作が遅かったりするのはストレスがたまります。せっかくホームページを訪れてくれたユーザーも途中で閲覧をやめてしまう確率が高くなります。

安いレンタルサーバーには安いなりの理由があるものです。自分のホームページの規模、目的に合わせてレンタルサーバーを選びましょう。安さと容量だけで選んでしまうと後で後悔することになります。以下のポイントをしっかりチェックした上でレンタルサーバーを選びましょう。

503エラーが出ないサーバーを選ぶ

「Service Temporarily Unavailable」と表示され、ホームページが表示されない…これが503エラーです。これはサーバーがダウンしないようにサーバーに同時にアクセスする数を制限していてその数を超えた際に表示されるエラーです。

503エラーはどんなサーバーでもアクセスが集中すればエラーとなります。ただ一つのサーバーでの利用者が多い共用サーバーほど503エラーになる確率が高くなるのはわかりますね。ですから安さだけを売りにしているレンタルサーバーは注意が必要です。

ネットワーク回線が強いサーバーを選ぶ

サーバーへの同時アクセス数制限と同様に大切なのがネットワーク回線の容量です。このネットワーク回線の容量を超えてしまうと折角ホームページに訪れてもらってもアクセスできないということになります。

バックアップ機能のあるサーバーを選ぶ

ホームページの管理をしている時に誤ってアップロードしたファイルを削除してしまったり、WordPressなどのCMSのファイル編集を誤って正常に動作しなくなった場合など、サーバーにバックアップ体制が整っていると安心です。

特にWordPressなどのCMSはコンテンツをサーバー上で管理しているため、ローカルのパソコンにデータを残していないこともよくあります。そのような場合サーバー側で自動でバックアップを取ってくれているサーバーはとても安心感があります。

サポートがしっかりしているサーバーを選ぶ

ホームページは24時間365日常に閲覧できるように常に安定した動作が要求されます。しかしサーバーだって所詮は機械です。不具合が生じたり破損することは当然考えられます。そんな時にも速やかに対応してくれる体制が整っているかもレンタルサーバー選びには重要なポイントです。

自分に合った機能がついているサーバーを選ぶ

レンタルサーバーにあらかじめ便利な機能がついているものを選ぶと初心者には安心です。例えば無料のSSLが簡単に設定出来たり、WordPressなどのCMSが簡単にインストールできたりするととても便利です。自分が運営しようとしているホームページに合わせたレンタルサーバーを選びましょう。

レンタルサーバー会社一覧

共用サーバー

専用サーバー

VPS(仮想専用サーバー)

クラウドサーバー

このページのトップへ
このページのトップへ
メールでお問い合わせ