リビジョンがどんどん保存されるのを制御しよう「Revisions Control」

Revisions Control

リビジョンを制御してくれるプラグインもいくつかある

リビジョンを制御するプラグインとして「WP Revisions Control」を紹介しましたが、同じような動作をするプラグインに「Revisions Control」というのがあります。WordPressのプラグインサイトではこちらのほうが多くインストールされていてレビューも多いのですが約2年前から更新されていません。

WordPressプラグインサイトにも

このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

https://ja.wordpress.org/plugins/revision-control/

とされています。設定画面が独立していて日本語ですのでこちらのほうが取り組みやすいかもしれませんね。更新されていないのは気になりますが、動作には問題は見られないようです。

こんなことで困っていませんか?

  • リビジョンがどんどん保存されてデータベースが肥大化してしまう…
  • リビジョンって無限に増え続けるの?
  • リビジョンって自分にはあんまり必要ない気がする…

Revisions Controlでできること

  • 固定ページ、投稿で作成されるリビジョンの上限数を設定し、制御できる

Revisions Controlのインストール

Revisions Controlのインストール
  1. WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「プラグイン」→「新規追加」をクリック
  2. 「Revisions Control」を検索
  3. 「今すぐインストール」をクリック
  4. インストール完了後「有効化」をクリック

Revisions Controlの設定

Webサイト全体のリビジョン数の設定

Webサイト全体のリビジョン数の設定
  1. WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「設定」→「リビジョン」をクリック
  2. デフォルトのリビジョン設定で投稿、固定ページ カスタムCSSのリビジョン数を設定
  3. 「変更を保存」をクリック

個別の固定ページ、投稿のリビジョン数の設定

個別の固定ページ、投稿のリビジョン数の設定

個別の固定ページ、投稿のリビジョン数を設定することもできます。各投稿、固定ページの編集画面の下部に「Post Rivisions」の項目が表示されます。この項目で保存されているリビジョンの確認、削除、復元、そして個別のリビジョン数の設定が出来ます。

このページのトップへ
このページのトップへ
メールでお問い合わせ