Webサイトをバックアップしておくことは重要「BackWPup」

WordPressで作成したコンテンツは万一の時のためにもバックアップを

WordPressでWebサイトを運営する際に重要なのがバックアップです。WordPressで作成するWebサイトはWebサーバー上でコンテンツを作成し、Webサーバー上のデータベースに保存します。つまり、ローカル環境…自分のパソコンにはコンテンツのデータがありません。

Webサーバー上でWebサイトを構築するツール、WordPressを含めた様々なCMSが普及する前はWebサイトのコンテンツは自分のパソコンで作成し、FTPソフトでアップロードするというのが主流でした。その場合はWebサイトのコンテンツデータは自分のパソコンにあります。何てったって自分のパソコンで作成したのですから。

しかし、WordPressを含むCMSの場合、コンテンツはWebサーバー上で作成されるため、自分のパソコンに残っているのは大抵の場合画像データとWordPressであればテーマファイルくらいです。ですからサーバーに万一のトラブルがあった場合、Webサイトを復元させるためのデータがありません。

レンタルサーバーによってはバックアップサービスのついているところもありますがバックアップの基本は分散して保存しておくことです。レンタルサーバー上のバックアップだけでなく自分のパソコンにもバックアップを保存しておきたいものです。そんなときに便利なプラグインが「BackWPup」です。

こんなことで困っていませんか?

  • Webサイトのバックアップを取っておきたい。
  • WordPressで作成したWebサイトってサーバーにトラブルあったらどうなるの?
  • Webサイトのデータが自分の手元にないのは不安。

BackWPupでできること

  • WordPressで作成したWebサイトのバックアップを自動で作成できる。
  • 作成したバックアップファイルをメールで送信してくれる。
  • 作成したバックアップをDropboxなどのストレージサービスに保存してくれる。

BackWPupのインストール

BackWPupのインストール
  1. WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「プラグイン」→「新規追加」をクリック。
  2. 「BackWPup」を検索。
  3. 「今すぐインストール」をクリック。
  4. インストール完了後「有効化」をクリック。

BackWPupの設定

BackWPupの設定画面

①BackWPupの設定画面を開く

WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「BackWPup」→「新規ジョブを追加」をクリック。BackWPupでWebサイトのバックアップを作成する一連の動作を「ジョブ」と言います。まずは「新規ジョブ」を作成します。

②一般設定

「一般」タブをクリックします。

③ジョブ名

バックアップを作成するジョブ名を入力します。わかりやすい任意の名前を入力します。例)○○サイトバックアップ

④ジョブタスク

このジョブで作成するバックアップにチェックを入れます。基本的にはデフォルトの「データベースのバックアップ」「ファイルのバックアップ」「インストール済みプラグイン」の3つでよいでしょう。「WordPressのXMLエクスポート」を作成しておくとWordPressのインポート機能(プラグイン)を使って復元できるのでこれも含めておくと便利かもしれません。ただし、WordPressのインポートでは投稿やカテゴリーのIDが変わる(番号の振り直し)ため、パーマリンクで「%post_id%」を使用している場合は注意が必要です。

BackWPupの設定画面

⑤バックアップファイルの作成~アーカイブ名

作成するバックアップファイルのファイル名の形式です。置換パターンがいろいろ表示されていますがデフォルトのままで良いでしょう。

⑥アーカイブ形式

作成されるバックアップファイルは圧縮ファイルですがその圧縮方式を選択します。Windows ユーザーなら「Zip」、Mac ユーザーなら「Tar GZip」を選択します。

BackWPupの設定画面

⑦ジョブの宛先

バックアップファイルの保存方法、保存先を選択します。

  • フォルダーへバックアップ
    作成したバックアップファイルをサーバー内のディレクトリに保存します。お手軽ですが、サーバーの消失してしまった場合にはどうしようもなくなります。
  • メールでバックアップを送信
    バックアップファイルをメールで送信してくれます。規模の大きなサイトになればなるほどバックアップファイルも大きくなるため限度はあるでしょう。
  • FTP にバックアップ
    FTP接続で別のサーバーに保存します。別のレンタルサーバーを契約する必要がありますが、バックアップを消失してしまうリスクは分散できます。
  • Dropbox にバックアップ
    Dropboxというオンラインストレージサービスに保存します。無料プランですと2GBまで利用できます。
  • S3 サービスにバックアップ
  • Microsoft Azure にバックアップ (Blob)
  • Rackspace のクラウドファイルにバックアップ
  • SugarSync にバックアップ

⑧ログファイル

バックアップログの送信先を設定します。通常のバックアップログは必要ないので 「ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信」にチェックを入れます。

⑨変更を保存

「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

BackWPupの設定画面

⑩スケジュール

「スケジュール」タブをクリックします。

⑪ジョブスケジュール~ジョブの開始方法

バックアップを作成するジョブの開始方法の設定を行います。自動で開始するには「WordPressのcorn」を選択します。すると下に「実行時間をスケジュール」の項目が表示されます。

⑫実行時間をスケジュール~スケジューラー

バックアップを作成するジョブを行うスケジュールを設定します。「毎月」「毎週」「毎日」「毎時」から選択し、それぞれの内容を設定します。一般的にはWebサイトへのアクセスの少ない時間帯、深夜、早朝の時間帯に行うのが好ましいです。

⑬変更を保存

「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

BackWPupの設定画面

⑭DBバックアップ

「DBバックアップ」タブをクリックしてデータベースのバックアップの設定を行います。

⑮データベースのバックアップの設定~バックアップするテーブル

バックアップするテーブルはすべてにチェックを入れます。

⑯バックアップファイル名

バックアップファイル名はデフォルトで表示されているままでOKです。

⑰バックアップファイルの圧縮

少しでもファイルサイズを小さくしたい場合は「GZip」を選択します。

⑱変更を保存

「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

BackWPupの設定画面

⑲ファイル

「ファイル」タブをクリックします。バックアップするフォルダの設定を行います。バックアップが不要なフォルダーはチェックを外します。また、それぞれのフォルダー以下の「除外」をチェックするとそのフォルダーは除外して他のフォルダーのみバックアップします。

⑳WordPress をインストールしたフォルダーをバックアップ

WordPress をインストールしたフォルダーをバックアップするかどうかを選択します。WordPressを最新版で使用しているのであれば敢えてバックアップを作成する必要はありません。必要なければチェックを外します。

㉑コンテンツフォルダーをバックアップ

WordPressのコンテンツ表示に必要なフォルダです。デフォルトのままでOKです。

㉒プラグインのバックアップ

プラグインフォルダの中身のバックアップです。仮にWordPressを再インストールするときにはまたプラグインをダウンロードすればいいという方はチェックを外します。

㉓テーマのバックアップ

テーマのバックアップです。使用中のテーマのバックアップは取っておきましょう。使わないテーマはアンインストールしたほうがいいですね。

㉔uploadsフォルダーをバックアップ

主に画像などメディアファイルがアップロードされているフォルダのバックアップです。このフォルダのバックアップは重要でプラグインやWordPress本体のようにどこかでダウンロードできるものではありません。ただ、画像を多用したサイトではファイル数が膨大になります。古い画像は別の場所にバックアップをとっておき、バックアップジョブから「除外」することも必要でしょう。

㉕バックアップするその他のフォルダー…

以下の設定はデフォルトのままでOKです。

㉖変更を保存

「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

BackWPupの設定画面

㉗プラグイン

「プラグイン」タブをクリックします。インストールしているプラグインの一覧をバックアップします。

㉘プラグイン一覧のファイル名~ファイルの圧縮

作成されるプラグイン一覧のテキストファイルのファイル名と圧縮するかどうかの設定です。デフォルトのままでOKです。

㉙変更を保存

「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

宛先:フォルダー

㉚宛先:フォルダー

⑦のジョブの宛先で「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れると「宛先:フォルダー」タブが表示されます。作成されたバックアップを同じサーバーの別のフォルダーに保存します。

㉛バックアップを格納するフォルダー

バックアップは/wp-content/uploads/ディレクトリの中に作成されるフォルダーに格納されます。そのフォルダー名を設定します。わかりやすい名前を設定しましょう。

㉜ファイル削除

バックアップを格納するフォルダーに保存するバックアップファイルの数を設定します。古いバックアップファイルは自動的に削除されます。

㉝変更を保存

「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

㉞宛先:メール

⑦のジョブの宛先で「メールでバックアップを送信」にチェックを入れると「宛先:メール」タブが表示されます。作成されたバックアップがメールで送信されます。

㉟メールアドレス

バックアップを受信するメールアドレスを設定します。

㊱メール送信設定

メールの送信設定です。最大のファイルサイズを設定します。その他はデフォルトでOKです。

㊲変更を保存

「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

このページのトップへ
このページのトップへ
メールでお問い合わせ