段落ブロック

段落ブロック

「段落」はページの文章において見やすく、わかりやすくまとめられた文章のまとまりで最も使われるブロックです。段落はHTMLで記述すると以下のとおりです。

<p>段落のテキスト段落のテキスト段落のテキスト段落のテキスト段落のテキスト段落のテキスト</p>

段落ブロックを追加

通常、ブロックを新規追加するとそれは大抵「段落ブロック」です。

段落ブロック

上のスクリーンショットのように「文章を入力、または / でブロックを選択」と表示されている部分に文章を入力すると、それは段落ブロックとして作成されます。

上のスクリーンショットのように左上の「ブロックの追加」アイコンをクリックし、「よく使うもの」の中にある「段落」アイコンをクリックして段落ブロックを追加することもできます。

段落ブロックは本当によく使うので「よく使うもの」に入っていますが、上のスクリーンショットのように「一般ブロック」のなかにも「段落」アイコンがあります。

段落ブロックの詳細

「段落」ブロックに文章を入力します。ブロックの上部には7個のボタン(アイコン)が表示されています。

ブロックタイプまたはスタイルを変更

「ブロックタイプまたはスタイルを変更」のアイコンをクリックすると下に他の種類のブロックアイコンが表示されます。そこに表示されているブロックに変更することが出来ます。段落を作成するつもりで文章を作成し、途中で「やっぱりリストにしよう!」とか思ったときに利用します。

テキストの配置を変更

ブロックのテキストの配置を変更できます。「左寄せ」「中央寄せ」「右寄せ」から選択します。なにも選択しなければデフォルトの表示になります。

左寄せ

<p class="has-text-align-left">テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

中央寄せ

<p class="has-text-align-center">テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

右寄せ

<p class="has-text-align-right">テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

Bold(太字)

ブロック内でテキストを選択した後、このアイコンをクリックすると選択した部分のテキストが太字になります。テキストを選択した後キーボードの「 Ctrl + B 」でも同様に太字になります。

<p>テスト投稿の本文テキスト<strong>テスト投稿の本文テキスト</strong>テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

イタリック(斜体)

ブロック内でテキストを選択した後、このアイコンをクリックすると選択した部分のテキストがイタリック体になります。テキストを選択した後キーボードの「 Ctrl + I 」でも同様にイタリック体になります。

<p>テスト投稿の本文テキスト<em>テスト投稿の本文テキスト</em>テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

リンク

ブロック内でテキストを選択した後、このアイコンをクリックすると選択した部分にリンクを設定することができます。

下の画像のように
①リンク先のURLを直接入力する。
②「適用」をクリック。

または下の画像のように
①キーワードを入力すると候補となるページが表示されるので選択する
②「適用」をクリックします。

<p>テスト投稿の本文テキスト<a href="https://www.google.com/">テスト投稿の本文テキスト</a>テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

リンク設定

①リンク設定ボタンをクリック。
②「新しいタブで開く」をクリックするとリンクをクリックした時にリンク先が新しいタブで表示されます。上の画像のようにスイッチが青くなっていると新しいタブで開きます。

<p>テスト投稿の本文テキスト<a href="https://www.google.com/" target="_blank" rel="noreferrer noopener" aria-label=" (新しいタブで開く)">テスト投稿の本文テキスト</a>テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

リンクの解除

「リンク解除」ボタンをクリックするとリンクが解除されます。

よりリッチなテキスト制御

インラインコード

<p>テスト投稿の本文テキスト<code>テスト投稿の本文テキスト</code>テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

インライン画像

<p>テスト投稿の本文テキスト<img class="wp-image-7" style="width: 150px;" src="https://example.com/wp-content/uploads/20**/10/IMG06.jpg" alt="サンプル画像">テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

打消し

<p>テスト投稿の本文テキスト<s>テスト投稿の本文テキスト</s>テスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキストテスト投稿の本文テキスト</p>

詳細設定

一番右の「⁝」のアイコンをクリックすると吹き出しが表示され8つのメニューが表示されます。

ブロック設定を非表示

ページ右側に表示されている「ブロック設定」のカラムを非表示にできます。

複製

このブロックを複製します。

前に挿入

新しい空のブロックをこのブロックの前に挿入します。

後に挿入

新しい空のブロックをこのブロックの後に挿入します。

HTMLとして編集

HTMLの編集ができます。ソースを直接編集できる人には便利です。戻るときには「ビジュアル編集」をクリックします。

再利用ブロックに追加

再利用ブロックに追加しておくと、このページだけでなく他のページでも同じ内容のブロックを利用できます。お問い合わせのバナーや会社概要など、複数ページで同じ内容のブロックを表示させたい時に便利です。再利用ブロックは一つを変更したとき他の再利用ブロックにもその変更が反映されます。

グループ化

複数のブロックを選択し「グループ化」をクリックすると選択したブロックをグループとして設定できます。グループごとブロックを移動したり、複製、再利用ブロックに設定、グループ化することでCSSでのデザインをより個性的にすることが可能となります。

ブロックを削除

このブロックを削除します。

ブロック設定

ページ右側にはブロック設定のカラムがあります。ブロックのテキスト設定など行うことができます。

①テキスト設定

テキストのサイズを変更できます。「ドロップキャップ」という先頭の文字を大きな表示に切り替えることもできます。

②色設定

ブロックの背景色や文字色を設定できます。

③高度な設定

追加のCSSクラスの設定ができます。CSSでスタイルが設定してあるときそのクラスを入力します。

このページのトップへ
このページのトップへ
メールでお問い合わせ