メディアと文章ブロック

画像ブロックで画像の配置を設定できますが、「メディアと文章」ブロックではより豊富なレイアウトが可能になります。

<div class="wp-block-media-text">
<figure class="wp-block-media-text__media"><img src="https://example.com/wp-content/uploads/20**/11/sample.jpg" alt="サンプル画像" class="wp-image-35" /></figure>
<div class="wp-block-media-text__content">
<h3>見出し</h3>
<p>メディアについての文章メディアについての文章</p>
</div></div>

メディアと文章ブロックを追加

メディアと文章ブロックを追加

上のスクリーンショットのように「①ブロックの追加」アイコンをクリックし、「よく使うもの」の中にある「メディアと文章」アイコンをクリックしてメディアと文章を追加することが出来ます。

メディアと文章ブロックを追加

「メディアと文章」ブロックが「よく使うもの」に表示されていない場合は、上のスクリーンショットのように「一般ブロック」の中に「メディアと文章」アイコンがあります。何度か使っていると「よく使うもの」に表示されるようになります。

メディアと文章ブロックの詳細

「メディアと文章」ブロックです。ブロック上部に6個のアイコン、ブロック内の左側に画像をアップロードするためのボタン、右側にはテキストを入力するための乱が表示されます。

メディアエリアへ画像を貼り付け

左側のメディアエリアに画像を貼り付けるには3つの方法があります。

ファイルをドラッグしてアップロード

ファイルをドラッグしてアップロード

メディアと文章ブロックの左側、メディアエリアにパソコンのフォルダの画像ファイルをドラッグします。

ファイルをアップロード

ファイルをアップロード

「アップロード」ボタンをクリックし、パソコンのフォルダからアップロードしたい写真を選択してアップロードします。

メディアライブラリから選択

メディアライブラリから選択

「メディアライブラリ」ボタンをクリックすると既にWordPressにアップロードされている画像が表示されます。そこから貼り付けたい画像を選択します。

メディアエリアへ画像を貼り付け

ブロックタイプまたはスタイルを変更

ブロックタイプまたはスタイルを変更

下に他の種類のブロックアイコンが表示されます。そこに表示されているブロックに変更することが出来ます。メディアと文章ブロックを作成するつもりが、途中で「やっぱり画像ブロックにしよう!」とか思ったときに利用します。

コンテンツエリアに入力

右側のコンテンツエリアにはブロックを作成してテキストを入力します。

見出し

上のスクリーンショットのように見出しブロックを追加してテキストを入力できます。見出しブロックの詳細はこちら

段落

また、上のスクリーンショットのように段落ブロックを追加してテキストを入力することも可能です。段落ブロックの詳細はこちら。その他の種類のブロックも追加可能です。

配置を変更

配置を変更

幅広

幅広

メディアと文章ブロックを幅広で表示します。

<div class="wp-block-media-text alignwide">
<figure class="wp-block-media-text__media"><img src="https://example.com/wp-content/uploads/20**/11/sample.jpg" alt="サンプル画像" class="wp-image-35"></figure>
<div class="wp-block-media-text__content">
<h3>見出し</h3>
<p>メディアについての文章メディアについての文章</p>
</div></div>

全幅

全幅

メディアと文章ブロックを全幅で表示します。

<div class="wp-block-media-text alignfull">
<figure class="wp-block-media-text__media"><img src="https://example.com/wp-content/uploads/20**/11/sample.jpg" alt="サンプル画像" class="wp-image-35"></figure>
<div class="wp-block-media-text__content">
<h3>見出し</h3>
<p>メディアについての文章メディアについての文章</p>
</div></div>

メディアを左に配置

メディアを左に配置

メディアを左に配置しコンテンツを右に配置します。

<div class="wp-block-media-text">
<figure class="wp-block-media-text__media"><img src="https://example.com/wp-content/uploads/20**/11/sample.jpg" alt="サンプル画像" class="wp-image-35"></figure>
<div class="wp-block-media-text__content">
<h3>見出し</h3>
<p>メディアについての文章メディアについての文章</p>
</div></div>

メディアを右に配置

メディアを右に配置

メディアを右に配置しコンテンツを左に配置します。

<div class="wp-block-media-text has-media-on-the-right">
<figure class="wp-block-media-text__media"><img src="https://example.com/wp-content/uploads/20**/11/sample.jpg" alt="サンプル画像" class="wp-image-35"></figure>
<div class="wp-block-media-text__content">
<h3>見出し</h3>
<p>メディアについての文章メディアについての文章</p>
</div></div>

垂直配置を変更

垂直配置を変更

コンテンツエリアの垂直方向の配置を設定します。

縦位置を上に

縦位置を上に

コンテンツエリアの内容を縦方向の上に配置します。

<div class="wp-block-media-text is-vertically-aligned-top">
<figure class="wp-block-media-text__media"><img src="https://example.com/wp-content/uploads/20**/11/sample.jpg" alt="サンプル画像" class="wp-image-35"></figure>
<div class="wp-block-media-text__content">
<h3>見出し</h3>
<p>メディアについての文章メディアについての文章</p>
</div></div>

縦位置を中央に

縦位置を中央に

コンテンツエリアの内容を縦方向の中央に配置します。

<div class="wp-block-media-text is-vertically-aligned-center">
<figure class="wp-block-media-text__media"><img src="https://example.com/wp-content/uploads/20**/11/sample.jpg" alt="サンプル画像" class="wp-image-35"></figure>
<div class="wp-block-media-text__content">
<h3>見出し</h3>
<p>メディアについての文章メディアについての文章</p>
</div></div>

縦位置を下に

縦位置を下に

コンテンツエリアの内容を縦方向の下に配置します。

<div class="wp-block-media-text is-vertically-aligned-bottom">
<figure class="wp-block-media-text__media"><img src="https://example.com/wp-content/uploads/20**/11/sample.jpg" alt="サンプル画像" class="wp-image-35"></figure>
<div class="wp-block-media-text__content">
<h3>見出し</h3>
<p>メディアについての文章メディアについての文章</p>
</div></div>

メディアを編集

メディアを編集

画像を差し替えたり編集することが出来ます。

詳細設定

詳細設定

一番右の「⁝」のアイコンをクリックすると吹き出しが表示され8つのメニューが表示されます。

ブロック設定を非表示

ページ右側に表示されている「ブロック設定」のカラムを非表示にできます。

複製

このブロックを複製します。

前に挿入

新しい空のブロックをこのブロックの前に挿入します。

後に挿入

新しい空のブロックをこのブロックの後に挿入します。

再利用ブロックに追加

再利用ブロックに追加しておくと、このページだけでなく他のページでも同じ内容のブロックを利用できます。お問い合わせのバナーや会社概要など、複数ページで同じ内容のブロックを表示させたい時に便利です。再利用ブロックは一つを変更したとき他の再利用ブロックにもその変更が反映されます。

グループ化

複数のブロックを選択し「グループ化」をクリックすると選択したブロックをグループとして設定できます。グループごとブロックを移動したり、複製、再利用ブロックに設定、グループ化することでCSSでのデザインをより個性的にすることが可能となります。

ブロックを削除

このブロックを削除します。

ブロック設定

ブロック設定

①メディアと文章の設定

「モバイルで重ねる」をオン(青色)にするとスマホなどの小さい画面で見たときには縦に配置します。メディアが左の場合は上にメディア、下にコンテンツの配置になり、メディアが右の場合は上にコンテンツ、下にメディアの配置になります。

「カラム全体を塗りつぶすように画像を切り抜く」をオン(青色)にするとコンテンツの高さに合わせて画像の高さが切り取られます。

「Alt テキスト (代替テキスト)」は画像の説明を入力します。

②色設定

ブロックの背景色を設定します。コンテンツのテキスト色はコンテンツ側のブロックで設定できます。

③高度な設定

「HTMLアンカー」を設定するとこのページのアンカー部分へのリンクを作成することが出来ます。

「追加CSSクラス」はCSSでスタイルが設定してあるときにそのクラスを入力します。

このページのトップへ
このページのトップへ
メールでお問い合わせ