投稿のカテゴリーを設定

投稿のカテゴリーを設定する

WordPressの投稿はその記事の内容に関連性のある記事をグループに分けカテゴリーとして設定できます。記事をカテゴリーに分類することでWebサイトを訪れた人が迷うことなくWebサイト内を閲覧することが出来るようになりユーザビリティの向上につながります。

カテゴリーを設定しよう

①カテゴリー設定画面を開く

WordPressの管理画面(ダッシュボード)の左側メニューの「投稿」→「カテゴリー」をクリックします。

新規カテゴリーを追加

WordPressをインストールしたばかりのカテゴリー設定画面にはデフォルトの「未分類」というカテゴリーがあるだけです。

②名前

新しく追加するカテゴリー名を入力します。カテゴリーの名前は「カテゴリー名」としてWebサイト上で表示される名前です。例としてここではカテゴリー名に「お知らせ」と入力しました。

③スラッグ

スラッグは②の名前を入力するとそのまま名前が自動で入力されます。スラッグはパーマリンク設定にもよりますがWebサイトのURLとして利用されることが多いので通常はすべて半角英数とハイフンのみで入力することが望ましいです。例としてここでは「news」と入力しました。するとURLは以下のような感じになります。

http://example.com/category/news

④親カテゴリー

カテゴリーは階層を持たせることが出来ます。デフォルトでは「なし」となっていますが、カテゴリーを作成していくとプルダウンメニューに作成済みのカテゴリーが表示されます。そのカテゴリーを選択するとその下の階層に子カテゴリーとして新しいカテゴリーを作成できます。

⑤カテゴリーの説明

カテゴリーの説明はあまり意味を持つものではありませんが、テーマによっては表示しるものもあるようです。カテゴリー管理画面には表示されるので必要と思ったら入力しましょう。

⑥新規カテゴリーを追加

「新規カテゴリーを追加」をクリックすると新しくカテゴリーが追加されます。

新規カテゴリーが追加されました

「未分類」カテゴリーの変更

カテゴリーの新規作成で「お知らせ」カテゴリーの子カテゴリーに「イベント情報」「新商品のご案内」を作成しました。ここで気になるのが「未分類」カテゴリー。この「未分類」カテゴリーはその名の通りで、投稿記事を新規作成したときにカテゴリーの選択を忘れたときに自動的に振り分けられるためのカテゴリーです。

カテゴリーを選択し忘れるということはありがちなことなので「未分類」というか自動的に振り分けられるカテゴリーは必要です。ただ、「未分類」という名称は以下にもやりかけ…中途半端…わかりづらい感じでサイトを訪れた人にもあまり良い印象を与えないかもしれません。そこで、「未分類」の名前を変更しておきましょう。

未分類カテゴリーを編集

上のスクリーンショットのように「未分類」にマウスカーソルを移動すると下に「編集」「クイック編集」「表示」と表示されます。ここで「クイック編集」をクリックします。

カテゴリーのクイック編集

ここで名前を「ブログ」、スラッグを「blog」に変更し「カテゴリーを更新」をクリックします。

すると「未分類」から「ブログ」にカテゴリー名が変更されました。なお、「クイック編集」ではなく「編集」をクリックすると親カテゴリーの選択やカテゴリーの説明も編集できます。

このページのトップへ
このページのトップへ
メールでお問い合わせ