投稿の新規追加~ブロックエディターの基本

ブロックエディターの基本

WordPressの投稿、固定ページの作成画面はWordPress5のバージョンから「ブロックエディター」と呼ばれる画面になりました。長年WordPressに慣れ親しんできた方にはちょっと戸惑うほどの大きな変更ですが、使い慣れてくると意外と使いやすいものです。

タイトルを入力しよう

投稿のタイトルを追加

投稿の新規追加画面の上部真ん中に「タイトルを追加」と表示されている部分があります。その部分にマウスカーソルを移動し、タイトルを入力します。

投稿のタイトルを入力

例として「テスト投稿のタイトル」と入力しました。投稿のタイトルはGoogleなどの検索サイトでもタイトルとして表示されます。SEO上も重要です。投稿記事の内容を的確に表すタイトルをつけましょう。

本文を入力しよう

タイトルを入力する部分のすぐ下に「文章を入力、または / でブロックを選択」と表示されている部分にマウスカーソルを移動し、本文を入力します。

このように文章を入力できます。

下書きとして保存しプレビューで確認しよう

投稿新規追加画面右上の「①下書きとして保存」をクリックするとそれまでに作成した内容が保存されます。下書きなので公開はされません。その横の「②プレビュー」をクリックすると別タブが開き保存した内容を実際の表示で確認することが出来ます。

ブロックエディターの基本

冒頭にも書きましたがWordPress5から投稿や固定ページの作成画面が「ブロックエディター」と呼ばれる形になりました。「ブロックエディター」とは投稿や固定ページの記事を作成する際に入力する部分が「ブロック」単位で作成すされるようになりました。

と、言葉で書いてもわかりづらいのでこれまでのWordPress4の旧エディター(クラシックエディター)との比較をしてみましょう。

クラシックエディターでの投稿・固定ページ作成編集画面

クラシックエディターでの投稿・固定ページ作成編集画面

上のスクリーンショットはクラシックエディターでの投稿・固定ページの作成編集画面です。作成するページ全体をまとめて作成、編集します。

ブロックエディターでの投稿・固定ページ作成編集画面

ブロックエディターでの投稿・固定ページ作成編集画面

上のスクリーンショットはブロックエディターでの投稿・固定ページの作成編集画面です。クラシックエディターのようにページ全体をまとめて編集するのではなく見出し、画像、段落などそれぞれの要素ごとにブロックに分割して作成編集します。

ブロックエディターの便利な機能

ブロックエディターにはクラシックエディターにはないブロックでのページ作成ならではの便利な機能があります。

ブロックの移動ができる

上のスクリーンショットのようにブロックの左側の「下へ移動」「上へ移動」のアイコンをクリックするとそのブロックが下へまたは上へ移動します。

ブロックごと削除ができる

上のスクリーンヨットのようにブロック上部のメニューの「詳細設定」→「ブロックを削除」をクリックするとそのブロックが削除されます。

ブロックを複製できる

上のスクリーンショットのようにブロック上部メニューの「詳細設定」→「複製」をクリックすると同じ内容のブロックを複製できます。

再利用可能なブロックを作成できる

上のスクリーンショットのようにブロック上部メニューの「詳細設定」→「再利用ブロックに追加」をクリックするとそのブロックが「再利用ブロック」として保存されます。この再利用ブロックは他のページに挿入することが出来、このブロックの内容を編集すると同じブロックを挿入しているすべてのページのブロックの内容に変更が反映されます。

このページのトップへ
このページのトップへ
メールでお問い合わせ